キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 銀行の不動産担保ローン。融資額は担保評価額の7割程度。 : 不動産担保ローンまとめサイト

銀行の不動産担保ローンで受けられる融資額は、担保となる不動産の評価額の七割程度と言われています。

不動産担保ローンまとめサイトメイン画像

銀行の不動産担保ローン。融資額は担保評価額の7割程度。

高額融資が可能な不動産担保ローンですが、実際に高額融資が受けられるかどうかは、担保となる不動産の評価額如何によって決まります。

一般的に、銀行の不動産担保ローンであれば、不動産の評価額の七割程度が融資の限度額とされています。

ここで注意すべきなのが、住宅ローンが残っている場合です。

通常、評価額からローンの残高を引いたものが実際の限度額に設定されます。

それ故、まだ購入したばかりの住宅だと融資額が驚くほど低い、あるいは、そもそも担保として設定できないケースもあるようです。

また、諸費用に関しても理解が必要です。

不動産担保ローンでは、事務手数料や印紙代以外にも、不動産鑑定費用、抵当権設定の登記費用等の諸費用がひつ王になります。

実際の借入金額や、銀行によってその金額は異なってきますが、数十万レベルでかかってくる費用になりますので、融資を受ける際には、諸費用分を事前に考慮するようにしておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright 不動産担保ローンまとめサイトwww.parchmentwestlake.com.